東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 東京都内にある納骨堂を見学してきました » 「本駒込陵苑」を見学

東京で人気納骨堂

ひかりの園
ひかりの園
                           
収蔵可能人数 1冊1霊
販売価格38万円~(護持会費込み)
アクセス 「不動前駅」より徒歩5分
詳細はこちら

「本駒込陵苑」を見学

本駒込陵苑の礼拝室

本駒込陵苑(ほんこまごめりょうえん)は、ICカード1つで気軽にお参りできる自動搬送式の納骨堂。納骨や参拝はもちろん、葬儀や法要、会食まで行える、大規模な施設です。400年以上の歴史を持つ由緒正しいお寺「十方寺」が運営・管理をしています。
最寄駅は東京メトロ南北線「本駒込駅」で、徒歩3分ほどで本駒込陵苑に到着します。また、本駒込陵苑は本郷通りに面しており、車でもアクセスしやすい好立地です。

改札から現地への道のり

東京メトロ南北線の「本駒込駅」は、ホームも改札もひとつ。降車位置から一番近い階段を上っていきます。

道順がシンプルで地上に出やすい

本駒込駅の改札

この改札を出たら右に曲がり、1番出口を目指します。
上部の標識に従ってまっすぐ進むだけ。道順がシンプルなので迷いにくいです。

1番出口を出たら、右に曲がります

本駒込駅の1番出口(地上)

1番出口の地上はこのような風景。地上に出たら右に曲がります。

本駒込駅の入り口

駅の隣にトランクルームがあります。
帰りに駅に向かう際は、このトランクルームを目印にしましょう。

道順(本郷通り沿い)

左側に見えるのは本郷通り。まっすぐ進みます。

本郷通りの交差点

本駒込陵苑は進行方向左側にありますので、
この交差点で、左に移動しておくのをおすすめします。

本駒込陵苑 入口

ほどなくして、左側に本駒込陵苑の看板が見えてきました。
ここを左に入れば到着です。

スタイリッシュで大きな建物

本駒込陵苑の外観

本駒込陵苑は、地下1階、4階建てのスタイリッシュな建物。写真に収まりきらないくらい、とにかく大きいです。
専用駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。スタッフの方が案内してくれますので、車での来苑にも困ることはないでしょう。

本駒込陵苑のライトアップ(夜)
引用元HP:本駒込陵苑
https://honkomagome-ryoen.jp/facility

日中はすっきりとしたシンプルな外観ですが、夜になると外壁に埋め込まれた照明が点灯し、幻想的な雰囲気に様変わりします。

本駒込陵苑 建物の入り口

木材を格子状に組んでつくられた、この大きな扉(自動ドア)が入口です。

落ち着きのあるシックな雰囲気

本駒込陵苑 1Fラウンジ

扉を開けるとシックな装いのラウンジがお出迎え。コーヒーを飲みながら読書をしたくなるような、ゆったりくつろげる空間です。待ち合わせや休憩等で利用できます。

イメージ

このようにカードをかざすと受付でき、お部屋を案内されます。とてもスムーズです。

鮮やかなモザイクタイル画は一見の価値あり

2階 花鳥風月(かちょうふうげつ)

2階 花鳥風月 通路

2階の礼拝堂「花鳥風月」は、ダークブラウンの縦格子で仕切られた落ち着いた雰囲気。お値段は、80万円(年間護持会費:1万2,000円)です。

本駒込陵苑最大の見どころは、一つひとつ異なる大きなモザイクタイル画が参拝室に描かれていること。フロア内の参拝室のデザインが統一されている納骨堂が多い中、本駒込陵苑のように、別々のデザインの壁画が設えられているのは非常に珍しいです。

2階 花鳥風月「紅葉」

写真は「紅葉」。ブラウンベースの内装がモザイクタイル画の鮮やかさをいっそう引き立てています。

2階 花鳥風月「躑躅」

他にも躑躅(つつじ)や桜吹雪、雪花紋、桔梗など。一つひとつ違いがあって、どれも色鮮やかで魅力的。どのエリアを選ぶか、真剣に迷ってしまいます。
参拝室は受付時にランダムに選ばれるので、気分に合わせて好きな模様の礼拝室を選ぶことはできませんが、参拝するたびに違う雰囲気の礼拝室でお参りすることができます。

鳳凰のモザイクタイル画

通路の先には鳳凰が描かれた大きなモザイクタイル画があります。アップにするとこんなに細かいタイルが敷き詰められ、グラデーションを表現していました。

2階 花鳥風月「桔梗」

納骨もできる礼拝室、桔梗(ききょう)。

2階 花鳥風月「桔梗」開閉時

実際に見てみると分かりやすいのですが、モザイクタイル画は上面だけでなく、礼拝室の背面全体に施されています。
左側の扉が閉まっている画像を見ると、大きく張り巡らされているのが分かります。

2階 花鳥風月「桔梗」モニター

右側に配置された液晶モニター横のボタンを押すと、扉が開きます。

2階 花鳥風月「桔梗」墓石

納骨もできる礼拝室には、このような銀の額縁が付けられていました。
銘板は黒の御影石で、重厚感が溢れています。

2階 花鳥風月「桔梗」お焼香

お焼香しているところ。お香を落とすと煙が立ち込み、上品な香りに包まれます。

2階 花鳥風月「桔梗」お参り

お参りするとこのような感じ。本駒込陵苑の礼拝室は横に広いので、3人ぐらいなら余裕で横並びでお参りできるほど、ゆとりたっぷりの広さです。

2階 花鳥風月「桔梗」ベンチ

ちょっと腰かけられたり、荷物が置けるベンチも常設。

2階 花鳥風月 休憩スペース

礼拝室の外には、休憩できるスペースも。館内には、このようなソファーがあちこちに設置されており、参拝しに来た方への配慮が感じられます。

煌びやかであり落ち着きのある雅な空間

3階 飛龍祥雲(ひりゅうしょううん)

3階 飛龍祥雲 通路

3階の参拝室は、麻の葉をモチーフにした格子が設えられた、明るく開放感のある雰囲気。お値段は、99万円(年間護持会費:1万2,000円)です。

3階には日本の伝統文様の麻の葉がデザインされた組子欄間が配されています。「麻」には厄除けや魔除けの意味が込められているそう。礼拝室のパーテーションや壁面等、いたるところに配されていますが、くどさは全くなく、落ち着きのある雅な空間を作り上げています。

3階 飛龍祥雲「雲」入口

こちらも本物の金をあしらったモザイクタイル画が背面全体に張り巡らされていて、見る角度によって表情が変わり、その煌びやかな様は、ずっと見ていても飽きなさそうです。

3階 飛龍祥雲「雲」墓石

横から見ると、背面だけでなく、内側を囲い込むように金・銀のタイルが贅沢にあしらわれているのが分かります。

3階 飛龍祥雲「雲」墓石

車椅子が2台は入りそうなほどゆったりとした空間設計となっています。
もちろんベンチも常設。 身長153cmの私が腰かけるとこのような感じ。天井が高くて広々とした礼拝室です。

3階 飛龍祥雲「雲」モニター

扉の右側にあるモニターは大きく、A6(はがき相当のサイズ)より少し大きいくらい。戒名や故人の写真を映し出すことができます。

3階 飛龍祥雲「雲」休憩スペース

3階にもゆったりとくつろげる休憩スペースが。
まるで高級ホテルにいるかのような、ラグジュアリーな空間です。

3階 飛龍祥雲「飛龍」のモザイクタイル画

壁面には、このフロアのシンボル「飛龍」が一面に描かれていました。
一見絵画のように見えますが、よく見るとこちらもモザイクタイルで作られてます。黒と白と金の3色展開で描かれた壁画は主張しすぎず、空間の上質さを際立たせています。

3階 飛龍祥雲 窓際の休憩スペース

窓際にも、このような休憩スペースがありました。
大人数で参拝に訪れても、みんなでここで休憩したり、談話したりできそうです。

ステンドグラスのある厳かで神々しい空間

1階 本堂

本駒込陵苑 本堂

本堂は2階まで吹き抜けとなっていて、天井にはステンドグラスが設えられています。

本駒込陵苑 ステンドグラス

こちらは先代住職がデザインしたもので、浄土の光景を表現しています。

本駒込陵苑 本尊の阿弥陀様

本尊には、煌びやかな装飾に囲まれた3体の阿弥陀様が安置されており、3体とも大きく迫力があります。
ステンドグラスから差し込む光と相まって、格調高い雰囲気に包まれた豪華絢爛な空間をつくりだしていました。

本駒込陵苑 本堂

壁面には木の縦格子があしらわれ、天井の奥行き感を強調。まるで歴史ある大聖堂のような荘厳さです。

本駒込陵苑 2階から見下ろした本堂

本堂は60名収容可能で、大規模な葬儀などを行うことが可能です。威厳と神々しさが溢れる空間の中で、故人を偲ぶことができます。

本駒込陵苑 置物

壁面の棚に、かわいい置物がありました。
本駒込陵苑を管理するご住職にすこし似ていて、心が穏やかな気持ちになります。

2階 副本堂

本駒込陵苑 2階副本堂 休憩スペース

副本堂の前にも、法要時に利用できる休憩スペースが。 利用する人の気持ちに寄り添った空間設計だなと、つくづく感じます。

本駒込陵苑 2階 副本堂

2階にある副本堂は、本堂と比べるとコンパクトなつくり。窓から太陽光が差し込み、明るく開放的な空間です。背面にある金色のパーテーションが優しく輝き、神聖な雰囲気に仕立て上げてくれます。
副本堂は30名収容可能で、法事の規模によって使い分けられるそうです。

本駒込陵苑 3階副本堂 休憩スペース

3階にある副本堂の手前にも、このような休憩スペースがありました。
奥にある本棚には、住職がセレクトした書物が並べられるそう。法要の空き時間に読書をしながら、ゆったりできそうです。

本駒込陵苑 3階副本堂

3階の法要室は2階と同じデザインですが、金色の壁面が照明に照らされ、崇高な雰囲気を漂わせています。

設備の多さも大規模な施設ならでは

本駒込陵苑 4階客殿(60名収容可)

礼拝室や法要施設の多さはもちろん、設備が充実している点も、900平方メートルの敷地を活用した、大規模納骨堂ならではの魅力。
60名収容できる客殿は、広々とした空間。状況に応じて壁で仕切ることもできるそうです。
左手奥の扉の先には、喫煙スペースが設置されています。

本駒込陵苑 4階客殿(30名収容可)

こちらも客殿。30名規模の会食をしたり、休憩室としても利用できます。
二面に大きな窓が設えられた明るい空間で、まるでナチュラルテイストのカフェのよう。窓からは本駒込周辺の景色を一望できます。

本駒込陵苑 トイレ

トイレは男女ともに、ホテルさながらのシックなデザイン。
多目的トイレも完備されています。

本駒込陵苑を運営する「十方寺」はこんなお寺

本駒込陵苑の外観
引用元URL:本駒込陵苑
https://honkomagome-ryoen.jp/facility

本駒込陵苑を運営・管理するのは、浄土宗の「十方寺(じゅっぽうじ)」というお寺です。十方寺の名前の由来は、浄土宗の本尊 阿弥陀如来を称える経典『阿弥陀経』から。
「十方(八方位に上下を足したもの)の諸仏が一番良い」と阿弥陀様が証明した(正覚)ことより命名されました。

元和元年(1615年)、栄誉上人が根津に建立した寺院で、寛文二年(1662年)に現住所に移転。
天保十三年(1842年)に、宮川七郎左衛門夫婦より土蔵造りの本堂と庫裡(くり)が寄進され、修繕と再建を繰り返した後、2019年1月に本駒込陵苑とともに新築されました。

本駒込陵苑の阿弥陀様

ちなみに、十方寺のご住職のお住まいは、本駒込陵苑の館内にあります。
いつもご住職に見守られている場所にお骨を預けられるのは、安心感が違います。

参拝後に立ち寄れる散策スポット

本駒込陵苑の周辺には、「夏目漱石旧居跡(猫の家)」や森鴎外旧居「観潮楼」跡地、「森鴎外記念館」、「根津神社」、「東京大学本郷キャンパス」など、有名な散策スポットがたくさんあります。

イメージ
引用元URL:本駒込陵苑
https://honkomagome-ryoen.jp/access

本駒込陵苑からは少し離れますが、国の特別名勝「六義園」がおすすめ。歴史深い景観と、季節の移り変わりとともに表情を変える自然がとても美しい大名庭園です。

【まとめ】豪華さ・上品さ・便利さが3拍子揃った納骨堂

本駒込陵苑の1Fラウンジ

本駒込陵苑が他の納骨堂と異なる点は、上質な和モダンを追求した内装デザイン。礼拝室のモザイクタイル画は一つひとつ異なり、来苑時によってデザインが変わる可能性が高いので、参拝を重ねても飽きないようになっています。

豪華さや上質さを体感できるのはもちろん、規模の大きさを活かした施設の配置も印象的でした。待ち合わせ、参拝中、参拝後、葬儀・法要後のシーンなどで休憩を要するタイミングには、必ず休憩スペースが置かれていて、来苑者の気持ちを汲んだつくりになっているなと感じました。

また、本駒込陵苑では、生前購入をした際、納骨するまでの期間、年間護持会費が不要になったり、葬儀や法要、会食での施設が無料で利用できる(お布施や手配料等は別途)、嬉しいサービスも満載。まさに痒いところに手が届く、利用者への配慮が行きとどいた納骨堂です。

本駒込陵苑の納骨堂プランを詳しく見てみる

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP