東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 永代供養が可能な納骨堂リスト【東京都内】 » 勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂

勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂

勝楽寺の納骨堂、「無量寿の塔」と「釈迦堂」について、特徴やプラン、基本情報などをまとめました。

「勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂」納骨堂・運営元の特徴

勝楽寺の開山は天正元年(1573年)。八王子の極楽寺の末寺として創建されたのが始まりです。宗派は浄土真宗。法然上人を開祖とする鎌倉仏教の一つで、阿弥陀仏を本尊に祀ります。

勝楽寺の納骨堂は、2つの施設に別れます。「無量寿の塔」と「釈迦堂」です。いずれの納骨堂についても、使用料や条件などは同一です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

【無量寿の塔】

2階から9階までが納骨堂になっていて、遺骨を安置する納骨壇を計1344基収容できます。 中央にはエレベーター、地下1階には身障者向けトイレが設置されてあるなど、全館バリアフリー構造となっています。

納骨壇はロッカー式。写真やお花、小物など、故人を偲ぶものを自由に飾っておくこともできます。 個人壇の使用期限は20年、代々壇の使用期限は30年。契約期限を過ぎたものや無縁になった場合は、舎利堂にて永代供養されます。

なお、管理費や永代供養にかかる費用は、すべて契約時に支払う使用料に含まれているため、契約の延長をしない限り、別途の追加費用が発生することはありません。

【釈迦堂】

法要を催すホール、ギャラリー、そして納骨堂を併設しているのが釈迦堂。1階から3階の吹き抜けに設置された大きな釈迦像「潮音大仏」の壁画が、「釈迦堂」という名称の由来になります。 1階に360基、2階に240基の納骨壇を設置。利用条件や費用、永代供養への流れなどについては、すべて「無量寿の塔」と同じになります。個人壇の使用期限が20年(80万円)、代々壇の使用期限が30年(180万円)です。

ホールのある地上階には、造形作家として著名な三橋國民氏(勝楽寺総代)の作品を展示するギャラリーを併設。ギャラリーには、太平洋戦争で命を落とした兵士たちへの鎮魂を表現した作品が、多く展示されています。

20年、または30年といった使用期限が過ぎた場合、希望すれば年間費用の支払いによって使用の延長が可能です。

「勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂」プランと諸費用

【無量寿の塔】

  • 個人壇(2霊まで)
    使用料:80万円(20年)
    ※延長する場合は1年につき2万円
  • 代々壇(5霊まで)
    使用料:180万円(30年)
    ※延長する場合は1年につき3万円

【釈迦堂】

  • 個人壇(2霊まで)
    使用料:80万円(20年)
    ※延長する場合は1年につき2万円
  • 代々壇(5霊まで)
    使用料:180万円(30年)
    ※延長する場合は1年につき3万円

「勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂」の基本情報」の基本情報

納骨堂名 勝楽寺 無量寿の塔・釈迦堂
運営元 宗教法人勝楽寺
所在地 無量寿の塔:東京都町田市原町田3-5-12
釈迦堂:町田市原町田3-3-17
アクセス ・JR「町田駅」(中央口)より徒歩15分
・小田急線「町田駅」(東口・西口)より徒歩20分
開館時間 無量寿の塔:8:00~17:00
釈迦堂:9:00~17:00
休館日 年中無休
納骨堂のタイプ ロッカー式
永代供養の内規 20年・30年
※延長可能
東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP