東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 永代供養が可能な納骨堂リスト【東京都内】 » 常在寺 法輪の会

常在寺 法輪の会

東京都世田谷区にある永代供養納骨堂「常在寺 法輪の会」を調査しました。必要な料金をはじめ、設備や宗派などを解説しています。

「常在寺 法輪の会」納骨堂・運営元の特徴

日蓮宗「寶樹山(ほうじゅざん)常在寺」は、世田谷区弦巻の閑静な住宅地に位置する開山五百余年の歴史ある寺院です。

山梨県にある身延山久遠寺を総本山とし、室町時代(1506年)に忠善院日純上人によって開山されました。

江戸中期に建立された常在寺旧本堂は、約300年の時を経てその役目を終え、平成14年に落成したのが現在の本堂です。新本堂の印象は、開山当時の室町時代の建築様式に則り大屋根の曲線は柔らかく、かつ荘厳なイメージ。

光と水、風、緑につつまれた明るく穏やかな伽藍は、山門から諸堂を巡る合間に、石庭、池、流れが配され、心を癒してくれます。

常在寺では、平成14年の開山500年を期しての新本堂建立に続く取り組みとして「法輪の会」を発足。生前に将来の約束をするしくみを整え、広く新たな方々との縁を結び育みながら、気軽に葬儀やお墓のこと、供養のことなどを相談できる環境を目指しています。

「法輪」の意味は、お釈迦様の教えが未来に向かって永遠に広がっていくこと。入会後はゆるやかな縁の中で、ごく自然に仏教にふれ、心穏やかな時を過ごして欲しいとの住職の願いが込められています。

常在寺・法輪の会は、夫婦をはじめ、独身者や小さな家族のために、継承者を必要としないお墓として、地下庭園を望む納骨堂「釈迦殿」を用意。堂内正面には、観音像が祀られ、釈迦殿の左右の両側に、位牌と分骨を安置しています。

33回忌までは釈迦殿にて年1回合同供養祭で供養し、以降は総墓に合葬して、親族の代わりに責任を持って常在寺が永代に供養します。

常在寺が開いている9~17時までの時間であれば、ゆっくりと納骨堂の参拝が可能です。
納骨堂の面する地下の庭園には緑があふれ、水の流れに心がやすらぎます。

常在寺は日蓮宗のお寺のため、供養は日蓮宗の作法に則って行われますが、納骨堂は現在の宗派は問わず受け入れているので、気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

立地・周辺環境・料金等で比較した東京納骨堂BEST5

「常在寺 法輪の会」納骨堂プランと諸費用

一人使用の場合

  • 費用/80万円(二人目以降は一人60万円)
    [納骨堂使用料・納骨・戒名(生前授戒)・位牌(生前授戒)・永代供養・管理を含む]
    ・法輪の会年会費/1世帯 5,000円(存命の間のみ)
    ・没後33回忌まで年1回合同供養祭にて供養し、以降は総墓に合葬して供養を続けます。

「常在寺 法輪の会」の基本情報

納骨堂名 常在寺 法輪の会
運営元 宗教法人 常在寺
所在地 東京都世田谷区弦巻 1-34-17
アクセス 東急世田谷線「世田谷駅」下車徒歩7分
開館時間 9:00~17:00
休館日 年中無休
納骨堂のタイプ 仏壇式
永代供養の内規 33回忌
東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP