東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 永代供養が可能な納骨堂リスト【東京都内】 » 寂円寺 寂光廟

寂円寺 寂光廟

東京・文京区の永代供養付き納骨堂「寂円寺 寂光廟」を調べました。周辺環境や現地までのアクセス、必要な諸費用を掲載しています。

「寂円寺 寂光廟」納骨堂・運営元の特徴

歴史と新しい文化が共に息づき、かつて森の都といわれた江戸の緑の面影を残す文京区平井に、「浄土真宗東本願寺派 法輪山 寂円寺」はあります。

寂円寺が位置する東京のほぼ中心に位置する文京区は、都心ならではの利便性を備えた地域。近年東京ドームをはじめ魅力ある施設等が次々と造られており、古き良き静かな佇まいを失うことなく、史跡が現代に溶け込む素晴らしい環境の土地です。

都営地下鉄三田線「千石駅」より徒歩5分とアクセスにも便利な寂円寺。その開基は寛永12年に遡り、以来360年余りにわたって、火災・地震・空襲などによる度重なる被害に見舞われながらも、壇信徒に支えられ、時代の荒波をくぐり抜けてきた由緒ある名刹です。

境内には「洗心の滝」と言われる穏やかな水音の滝が流れ、心を癒してくれます。

また、お寺の広々としたエントランスを抜けると、1階に落ち着きのあるロビーが表れ、その横には約150人が着席して集ることのできる気品あふれる多目的ホールが設けられています。快適性を追求した和・洋の多目的ホールは、利用者へのさまざまな配慮がうれしい空間です。

さらに、この法輪閣の地階にはガンジス河に見立てた風景の屋内墓所「法輪廟」があり、墓所まではエレベーターが直通しています。

お寺の屋外墓地の一角には、永代供養墓「寂光廟」があります。
昭和58年に建てられた寂光廟は、「人間の煩悩の消えた仏の世界」=「寂光土」から名づけられており、参拝者は、亡き先祖に「寂光土」という仏の国であいまみえることができる、そういった思いを込めて建立されました。

寂光廟の納骨堂は地下にあり、その内部は本尊を中心に、納骨壇が整然と並べられています。

納骨堂の中に入ることができるのは遺骨を納める時のみで、通常のお参りは、納骨堂の上に置かれた「寂」の文字が彫られた墓誌の前で行います。この墓碑の「寂」の字は、親鸞聖人直筆の文字を転写した由緒あるもので、「倶会一処(仏の国であいまみえる)」の心が込められています。

御供養は、浄土真宗の典礼作法に則って行われますが、申し込み以前の宗派は問われません。

立地・周辺環境・料金等で比較した東京納骨堂BEST5

「寂円寺 寂光廟」プランと諸費用

【寂光廟の永代使用料】

永代使用料

  • 納骨壇一体/50万円
  • 分骨/30万円
  • 合祀(土に還る)一体/20万円
    [永代供養年五回・墓誌刻名料・維持会費の費用含む]
    ※生前申し込みも受け付けています。
    ※元旦、春・秋お彼岸、お盆、報恩感謝の年5回、寂光廟墓前にて読経が行なわれます。
    ※お骨は廟内の納骨壇に33回忌まで骨壺で安置し、以降合祀され永代に供養が行われます。

「寂円寺 寂光廟」の基本情報

納骨堂名 寂円寺 寂光廟
運営元 浄土真宗東本願寺派 法輪山 寂円寺
所在地 東京都文京区白山4-37-30
アクセス ・都営地下鉄 三田線「千石駅」A2出口より徒歩5分
休館日 年中無休
納骨堂のタイプ ロッカー式
永代供養の内規 33回忌
駐車場 境内15台駐車可能
(白山通りパーキングメーター有り)
東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP