東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 永代供養が可能な納骨堂リスト【東京都内】 » 重秀寺 追遠の会

重秀寺 追遠の会

港区・白金の重秀寺にある永代供養納骨堂「追縁の会」をチェック。納骨堂の価格、設備などの特徴をまとめました。

「重秀寺 追遠の会」納骨堂・運営元の特徴

高級住宅街として有名な白金に江戸時代から続く、臨済宗妙心派重秀寺。寛永3年(1626年)に江國紹巴禅師という方が開山和尚として麻布今井寺町(現在の六本木3丁目付近)に草庵を結び、旗本・旗本上田重秀公の菩提寺として始まりました。

重秀公の没後、町医者であった吉田玄信が、百姓地だった現在の重秀寺一帯の土地を買い入れ、上田家の菩提所として土地を寄進。重秀寺はそれから約400年の歴史を重ねて現在に至る、伝統ある寺院です。

【重秀寺の納骨堂の特徴】

閑静な住宅街の中にあり、四季を感じることが出来る豊かな緑に囲まれた墓地は「落ち着きがある」と好評。歴史ある寺院ですが、敷地内に会館があるなど今どきの需要にも対応しており、突然の葬儀や仏事法要も電話一本でお願いすることが出来ます。

重秀寺の納骨堂「追縁の会」は、白金はなぞの霊園の中にあります。なによりも「縁」を大切に考え、供養するご遺族同士の新たな「縁」をつなぐコミュニケーションの場を作ろうという考えのもと運営されています。お寺としては珍しいペットの納骨堂もあり、地域内外の多くの人から親しまれています。

国籍・宗教・宗派を問わず利用が可能で、生前予約もできます。初回のみのご本尊の花代と春・夏の卒塔婆供養(いずれも2,000円)などを除き、基本的な年間管理料はかかりません。さらに合同供養が年に4回行われますので、安心して利用できます。

「重秀寺 追遠の会」プランと諸費用

セット価格 390,857円(税込)より ※詳細な価格は寺院にお問い合わせください

  • 宗教・宗派不問でだれでも利用できる
  • 住職による戒名の授与、黒檀の位牌、位牌への彫刻込み
  • 年間管理費無料 ※四十九日法要・年間供養等は含まれません
  • 納骨後の改葬も可能

「重秀寺 追遠の会」の基本情報

納骨堂名 重秀寺 追遠の会
運営元 臨済宗妙心寺派 重秀寺
所在地 東京都港区白金2-1-16
アクセス 東京メトロ南北線「白金高輪駅」より徒歩2分
開館時間 要問合せ
休館日 要問合せ
納骨堂のタイプ 要問合せ
永代供養の内規 要問合せ
東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP