東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 意外と知らない永代供養の基礎知識 » 永代供養とは

永代供養とは

永代供養の用例や起源、最近の傾向など永代供養とは何か?の疑問について説明します。

永代供養とは

永代供養とは、後継者がおらず墓守ができない人に代わり、寺院や墓園業者が永代にわたって供養と管理を行うことをいいます。

ですが、実際には10回忌、30回忌や50回忌までといった内規があることが多いようです。
内規の期間が終了した後は、合祀墓に合祀されることがほとんどですので、管理規約や加入規約をよく確認することが不可欠と言えます。

お墓の後継者が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合、永代供養の契約が破棄されることが定められていることも多いので気を付けた方が良いでしょう。

寺院の廃寺や霊園の倒産によって墓が消滅してしまう可能性もゼロでは無く、その場合「永代」が保証できないことも念頭においておく必要があります。

永代使用について

永代供養と似た言葉で「永代使用」というものがありますが、似て非なるものです。

「永代使用」とは、最初に「永代使用料」を払い、お墓を使用する権利を取得すること。
その後、管理料を支払っている間はそのお墓を使い続けることができる権利です。

寺院から墓地を提供してもらい、永代使用料を支払ってお墓を建てる一般的なお墓はこの権利を得ていることになります。

寺院側は、檀家となった信徒に対し永代に供養を行うことを約束。
檀家となった際には、永代使用料や管理料の他に寺院の行事や法要の際などに、お布施が必要となります。

永代供養の起源と現状

永代供養の起源は、江戸時代に檀家の減少による収入減を補う目的で僧侶が発案したビジネスの手法です。

本来は毎月の命日に小額ずつ受け取っていたお布施をまとめて集金するとい、当時としては画期的なシステムでした。

核家族化・晩婚化・少子化が進む現代においては、先々に対する不安から納骨堂の生前予約をされる人が増えてきています。

後継者がいないことから、死後の供養ができないため、永代供養を約束してくれる寺院や業者に、遺骨や位牌の管理を任せるのです。

年間に数万人規模で無縁死する方がいると言われる無縁社会において、永代供養はビジネスとしても活況を帯びてきています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP