東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 意外と知らない永代供養の基礎知識 » 自然葬とは

東京で人気納骨堂

ひかり陵苑
山の手に立つ環境の良さ
ひかり陵苑
収蔵可能人数 8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 1万5千円~
アクセス 東急目黒線「不動前駅」より徒歩5分
詳細はこちら

自然葬とは

このページでは自然葬について解説しています。自然葬のメリット、デメリット、費用についての紹介です。

自然葬とは?

近年注目されている、自然葬をご存知でしょうか?従来の埋葬方法は、石で墓を作り、そこに遺骨を埋葬していました。自然葬はそのような埋葬方法ではなく、遺骨を自然に還元する埋葬方法です。具体的には、墓石の代わりに樹木を植えてしるしにしたり、海や山などに散骨したりする方法が知られています。

自然葬のメリット

自然葬にはどのようなメリットがあるのでしょうか?3つのメリットをチェックしてみましょう。

費用が安い

従来の埋葬方法に比べて、費用が安いものが多い自然葬。理由として、高額な墓石を必要としない、散骨した場合は維持費がかからない、といったことがあげられます。ただし埋葬方法によっては費用がかかってしまいますので、注意しましょう。

後継ぎの心配がない

自然葬では、基本的に後を継ぐ必要がありません。樹木葬も個人墓で永代供養されることが多く、後継ぎが発生しない方法となっています。散骨の場合は、海などに遺骨を撒くため墓がない場合が多いです。

自然回帰ができる

自然葬が従来の埋葬方法と大きく異なっている点は、やはり自然に還れるということでしょう。散骨なら、海や山などの自然の一部となることができ、樹木葬は、自然豊かな場所に墓地があることが多く、好きな樹木の下で眠ることができます。

自然葬のデメリット

一方、自然葬のデメリットはなんでしょうか?後で後悔しないためにもデメリットも確認してみてください。

遺骨が残らない

散骨をした場合、遺骨が残りません。自然に撒けば遺骨は当然風化しますから、これまでのお墓のようにここに来れば会える、というわけではないのです。すべては散骨せず、一部は残しておくという方法もあるので、よく考えてみてください。

きちんと行わないと違法になる場合がある

散骨は遺骨をそのまま撒けばいい、というわけではありません。死体遺棄の罪に問われるので、絶対にやめましょう。遺骨を非常に細かく砕く必要があり、また散骨を禁止している場所もあり、確認が必要です。

悪徳業者に注意

自然葬は比較的新しい埋葬方法です。そのため、悪徳業者がおり、高額な費用を要求されてしまうことがあります。お金のことだけではなく、いい加減な埋葬をされてしまうこともあるので、依頼する業者は事前にしっかり調べましょう。

自然葬にかかる費用

自然葬は従来の埋葬方法に比べて安いと言いましたが、どれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

樹木葬の場合

樹木葬にはいくつかのタイプがあり、それによって価格が異なります。ほかの遺骨とまとめて供養される合祀型が一番安く、個別のお墓が用意されるものがもっとも高くなります。費用は一概には言えませんが、10万円から50万円を目安にしてください。

散骨の場合

散骨の場合、遺骨を砕く費用や海なら船といった移動の費用などがかかります。散骨場所によっても費用が変わってきますが、海洋散骨の場合は5万円から40万円が相場のようです。すべて自分で行うこともできますが、遺骨を砕くのは精神的負担が大きいでしょう。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP