東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 意外と知らない永代供養の基礎知識 » 供養の期間や費用

供養の期間や費用

詳しく説明しています。このページでは、供養の期間や費用についてご紹介します。

永代供養の期間について

永代供養における遺骨の安置期間は、契約する各運営元によって様々なため、事前に良く検討しておくことが必要です。

一般的に17回忌・33回忌・50回忌まで、またはお寺や管理者の続く限りなど、骨壷のまま安置しておける期間が決まっていることが多く、33回忌までを一定の区切りとする場合が最も平均的といわれています。

なかには、購入した年からすぐに年数を計算するところもあるため、契約前に規約を良く確認しましょう。

契約期間が終了した後は、永代供養墓などに合祀して、他の遺骨と共に供養が行われる場合がほとんどです。

合祀されてからの年間管理料は掛からないことが多いですが、別途必要としている施設もあるので注意が必要です。

他には、遺骨をそのまま土に埋葬する方法や、遺骨の一部だけを骨壺に入れて、残りは土に埋葬する方法など、さまざまな方法があります。

永代供養にかかる費用

永代供養にかかる費用は、遺骨のまま安置される期間や納骨スペースのタイプ、供養の内容によって様々です。地域によっても違いがあり、数万円~数百万円までとかなり幅広いのが特徴でしょう。

東京都内における平均的な費用は、おおよそ50万円前後から数百万円で、地方と比較すると、割高傾向にあります。

ただし、納骨堂や永代供養墓は、基本的に個人個人の墓石が必要ないため、その分通常のお墓よりは、ずい分と費用が安くなります。

一般的な永代供養の料金には、「永代使用料」「永代管理料」「永代供養料」「墓石料(共同墓に合祀、納骨堂を利用する場合は不要)「開眼」「納骨費用」「遺骨の引取料」が含まれています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP