東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 意外と知らない永代供養の基礎知識 » 樹木葬とは

東京で人気納骨堂

縁の園
ひかりの園
                           
収蔵可能人数 最大8体
販売価格80万円~(護持会費別)
アクセス 「茗荷谷駅」より徒歩1分
詳細はこちら

樹木葬とは

樹木葬とはどんな埋葬方法なのでしょうか?どんな特徴があるのか、従来の埋葬方法とどう違うのか、解説していきます。

樹木葬とは墓石ではなく樹木をしるしにする埋葬法

樹木葬は比較的新しい埋葬方法で、詳しく知らないという人も多いでしょう。樹木葬最大の特徴は、墓石を使わないということです。通常、埋葬したところに墓石を建てて目印にしますが、樹木葬はその名の通り樹木や花を植えてしるしとします。個々のお墓に低木を1本ずつ埋めるパターンや、シンボルツリーと呼ばれる大きな1本の樹木を中心に複数のお墓を設けるなど方法はさまざまです。

合祀型、集合型、個別型がある

樹木葬には合祀型、集合型、個別型があります。合祀型は複数の遺骨を骨壺から取り出して埋葬する方法。集合型も複数の遺骨をまとめて埋葬しますが、骨壺に入ったままなので混ざることはありません。個別型はひとつひとつ区切られたスペースに埋葬されます。

樹木葬のメリット

樹木葬の特徴がわかったところで、樹木葬ならではの3つのメリットを見ていきましょう。

基本的に永代供養

ほとんどの樹木葬は永代供養をしてもらえます。あとを継いでくれる人がいない、墓じまいをしたい、という方も安心して選択できるでしょう。個人で入れるお墓のほか、夫婦で入れるお墓もあります。

費用が安い

一般的な墓石を使うお墓を購入しようとした場合に比べ、樹木葬はかなり安いことが多くなっています。お金のかかる墓石の購入も工事費も必要なく、埋葬スペースも狭く済むためです。

自然に近い埋葬方法

樹木葬はすぐそばに自然を感じられる埋葬方法です。遺骨の上には墓石ではなく樹木や花が植えられ、芝生が広がっているところも多くなっています。自然に囲まれて眠りたい方にはぴったりでしょう。

樹木葬のデメリット

比較的新しい埋葬方法である樹木葬ですから、メリットだけでなく、デメリットもあわせて確認しておきましょう。

一度埋葬すると遺骨が取り出せない場合がある

合祀型という埋葬方法があると説明しましたが、このタイプの場合、ほかの方の遺骨と混ざった状態で埋葬されるためあとから取り出すことができません。集合型や個別型なら、骨壺のまま埋葬するので取り出すことができます。

管理がしっかりしていないとすぐに荒れてしまう

樹木葬は多くの自然にあふれていますが、その分管理がまめに行われないとすぐに草木が荒れてしまいます。購入する前に必ず墓地を訪れて確かめ、管理体制がしっかりしているかどうか確認しておきましょう。

樹木葬にかかる費用

樹木葬にかかる費用を見ていきましょう。埋葬するタイプによって変わってきますので、それぞれご紹介します。

合祀型の場合

合祀型は個別の管理が必要ないため、ほかのタイプに比べて安くなっています。相場は5万円から20万円ほどです。年間管理費はかからないことが多いです。

集合型の場合

集合型は合祀型に比べると高くなっており、15万円から60万円ほどです。年間管理費がかかる場合がありますが、不要のところもあり、個別型より永代使用料が安く済むこともあります。

個別型の場合

個々にスペースが設けられる個別型は、やはり一番費用が高くなっています。だいたい20万円から80万円かかり、年間管理や永代使用料も必要なことがほとんどです。

【特集1】東京都内にある樹木葬おすすめ5選

東京都内で人気の高い樹木葬墓地を5ヶ所ピックアップ。いずれも周辺環境の良さとアクセスの良さにこだわって選んでいますので、樹木葬に興味のある方はぜひチェックしてみてください。

東京都内にある樹木葬墓地おすすめ5選を見る

東京都内で樹木葬墓地が増えている理由は墓地不足にあり

首都圏の中でも東京都内では、墓地不足が深刻化しています。“埋葬したいのに入るべき墓地が用意できない”という問題は、単純に高齢者が増加していることによってのみ引き起こされているのではなく、墓地として使用できる土地が少なくなっていること、墓地や納骨堂を運営する業界そのものが新規参入しにくい体質を持っていること、などの要素が複雑に絡み合っています。

そんな中、注目を集めている樹木葬墓地は、首都圏の墓地不足を解消するための光明となりつつあります。「自分が眠る場所は、自然に近い場所が良い」と考える方や、「ペットや友人と一緒に眠りたい」と希望する方にとって、樹木葬は理想に近い埋葬方法と言えるかもしれません。

こんな人が樹木葬を選んでいます

墓地の多様化が進み、自分が眠る場所を選べる時代となりましたが、その中で樹木葬を選ぶ方も増えてきています。 “後継者がいなくてもOK” “宗派・宗旨問わず” “普通のお墓よりもお安い”等の理由のほか、こんな理由で樹木葬を選んでいるケースが多いようです。

  • 死してもなお自然と共にありたい
  • 最期は緑や自然に還りたい
  • 作りものの墓石は冷たくて嫌だ
  • 家族とではなく、好きな人と一緒に眠りたい
  • 愛するペットと眠りたい
  • 国際結婚なので、宗教関係なく入れるところを探していた
  • 子どもが海外駐在なので、後継者を気にせず入れる場所を探していた
  • 自分の好きなところで静かに眠りたい…等

「予算がないから、費用のかからない樹木葬にする」という理由ではなく、自分の想いや願いを叶える選択肢として、樹木葬が選ばれていることが分かります。

一人ひとりのライフスタイルに応える魅力を備えた樹木葬。ぜひ、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

東京都内で樹木葬墓地を探す

【特集2】東京都内にある樹木葬見学レポート

東京都内にある樹木葬墓地の中でも、周辺環境が良く、電車でもアクセスしやすい霊園を中心にめぐっていきます。 樹木葬区画を購入した後も、お参りに行ったり法要を執り行ったりする場所ですから、慎重に検討して、納得のいく霊園を選びたいものです。ここでは、駅からの道のりや周辺環境の様子、見学して知ったことなどを詳しくまとめています。資料請求やサイトの情報だけでは分からないポイントがたくさんありますので、樹木葬墓地選びにお役立てください。

風の丘樹木葬墓地
(かぜのおかじゅもくそうぼち)

風の丘樹木葬墓地

JR横浜線「片倉駅」から徒歩7分の場所にある風の丘樹木葬墓地は、1445年から続く由緒正しい曹洞宗の「白華山 慈眼寺」が運営している霊園。 JR八王子駅から約10分、JR新宿駅から約40分の好アクセスでありながら、広大な敷地面積を誇っています。
見学レポートでは、霊園内の雰囲気や利用できる設備などを詳しくご紹介しています。電車や車でアクセスしやすく、自然に囲まれた見晴らしの良い樹木葬墓地をお探しの方は、ぜひご覧ください。

 
東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP