東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド » 意外と知らない永代供養の基礎知識 » 永代供養契約の注意点

永代供養契約の注意点

永代供養を契約する際、契約後に後悔をしないためにも、注意すべきポイントがいくつかあります。

永代供養や納骨堂の契約は、多くの場合生前に本人が手続きすることとなります。安心して任せられるかどうか、自分で判断しなくてはなりません。

多様化している永代供養のかたちや納骨堂のシステムのなかから契約を結ぶため、規約内容の十分な確認はもちろん、事前に実際に納骨堂に足を運び、見学してみることも大切なのです。ここでは、

永代供養契約に関する注意点についてご紹介していきます。

永代供養契約手続きの流れ

keiyaku

まずは、永代供養の契約手続きはどんな流れで行われるのかを簡単に確認しておきましょう。

永代供養契約の際は、次のような項目を決定し、手続きを行うこととなります。

  • 葬儀を執り行う葬儀社の選定
  • 葬儀内容や納骨にかける費用の内訳
  • 費用の支払い方法
  • 墓地の選定(利用する納骨堂)
  • 永代供養を利用する期間・遺骨の安置期間
  • お墓の種類(単独墓・集合墓・合祀墓など)

こういった項目を決めて契約を結び、費用を支払えば、申込み証明書である「永代供養墓使用証書」が発行されます。

規約内容でチェックしておくべきポイント

規約内容で、しっかりチェックしておくべき項目がいくつかあります。

いずれも予定外の追加費用や手続きが発生しないようにするために重要なポイントとなるため、疑問点があればすぐに質問・確認するようにしましょう。

収蔵期間について

納骨堂に遺骨を安置する際は、収蔵期間を決めることとなります。

収蔵する方法や期間のプランは納骨堂の施設やサービスごとに異なります。1年や3年のプランもあれば10年のプランもあるため、契約の際はよく確認するようにしましょう。

また、遺骨を永代にわたって収蔵してもらいたい場合は「永代収蔵」のプランを選べるサービスもあります。

一定期間は個別に収蔵してもらい、期間が満了となったら他の遺骨と合祀される、というパターンも多いです。最終的な遺骨の収蔵方法についても確認しておきましょう。

費用について

calculator

費用は総額だけではなく、内訳を確認することが大切です。一般的な永代供養に必要となる料金の項目としては、

  • 永代供養料
  • 納骨法要
  • 刻字料

が挙げられます。初回の支払いでこれらの費用を支払えば、追加費用は一切発生しない、というわかりやすい料金プランをとっているところも多いです。

しかし施設や契約するプランによっては、追加費用が発生することもあるため、追加費用の有無はしっかり確認しておきましょう。

また、永代供養を生前に予約するとなると、存命期間に年会費や管理費などを払うという規約があることもあります。こちらについても、契約時に確認しておきましょう。

改葬の可否

合祀墓を選ぶと、後になって改葬をしたいとなっても、遺骨を取り出すことが不可能であるケースが多いです。

家族がいる場合、長い目で見て改葬の可能性はないかどうかを検討する必要があります。契約時に、改葬ができるか否かについても確認しておきましょう。

実際に納骨堂を見学してみましたか?

紙面での確認だけでなく、契約前に実際に納骨堂を見学してみることも大切です。パンフレットや人からの説明だけでは伝わりきらない、納骨堂の雰囲気や設備を確認することができます。

実際に施設の人から話を聞くこともおすすめです。

管理人と話してみることも大切

施設の管理人と会って話を聞いて、安心して任せられるかどうか肌で感じることも大切です。

永代供養や納骨堂の利用の基本的なことは書類などでも把握できますが、そこだけでは知ることができない、具体的な説明や施設の現状などを実際に聞いてみましょう。

ビルの立地や経営状態

施設の利便性や状態をチェックして、何十年先も安心して遺骨を任せられるかを確認しておきましょう。

老朽化の心配はないのか、施設を運営する企業の経営状態は安定しているのかなども気になるところです。

遺骨の管理方法

ロッカー式をはじめ、遺骨の管理方法はいくつかあります。清掃や手入れなども定期的にしてもらえるサービスなのか、どんな場所に遺骨は保管されるのかなどを確認しておきましょう。

実際に施設を見学して、清潔感などをチェックしてみると良いでしょう。

参拝ブースの雰囲気やセキュリティ・設備は?

参拝ブースは、落ち着いて静かにお参りできるスペースかどうか確認したいところです。

プライバシー保護のための配慮がなされているのか、騒がしい落ち着きのない雰囲気ではないか、冷暖房やセキュリティ設備に不安はないか、といった点に注目してみましょう。

また、自動搬送式の納骨堂を利用する場合はシステム不具合の心配はないかといったところも見ておきましょう。

永代供養契約で後悔しないために

永代供養の契約をする際のチェックポイントについてご紹介してきました。

自分、もしくは大切な家族が長く眠ることとなる場所を決める手続きとなるため、納骨堂選びも契約の際の確認も慎重に行うことが大切です。

寺院や霊園、納骨堂などによって規約内容やサービスなどもそれぞれ異なるため、自分の目で十分に確かめてから判断するようにしましょう。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2018年6月現在の情報を基に個人が制作しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP