東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 【保存版】納骨堂の利用ガイド » いま納骨堂が選ばれる理由

いま納骨堂が選ばれる理由

今、首都圏を中心に注目されているお墓・納骨堂について調べました。納骨堂とはどのようなメリットがあるのか解説します。

このページでは、現代において、特に首都圏において納骨堂が注目されている理由や生前購入が増加していることについて解説しています。

多くの人が選択肢に数える納骨堂とは

今、首都圏では従来の墓石を用いたお墓から、墓石不要で室内に遺骨を安置して供養を行う納骨堂を選ぶ人が増えてきています。

東京都内など、土地の確保が難しい都市部では納骨堂の需要は大きく、生前に予約購入される人もいらっしゃいます。

昔は、納骨堂というと一時的に遺骨を預かるスペース、という認識が強かったようです。
ですが、現代では、恒久的に遺骨を納め、永代に供養を行うためのものに変化してきました。

時代の流れで家族の形が変わり、様々な事情で施設が責任を持って供養と管理をしてくれる納骨堂を選択する人が多いようです。例えば、後継者が不在であったり、子供がいてもお墓の管理が難しい場合などの事情が挙げられます。

子供世代の負担にならないようにと、40~50代という若いうちから未来を見つめ、お墓選びを始める方もいらっしゃいます。

いずれにしても、まだ余裕のあるうちに家族できちんと話し合いをし、みんなが納得のいくお墓を選んでおくことが重要と言えるでしょう。

納骨堂のメリット

納骨堂を利用した場合、次のようなメリットがあります。

  • 屋内墓地のため、室内で参拝できるので、季節や天候を気にする必要が無い。
  • 都市部では、ビルの中に納骨堂があること多いが、エレベーター等が完備され、バリアフリー化されているため、年配の方でも安心してお参りができる。
  • 都市部では特に、交通アクセスの良い、立地条件の整った納骨堂が多い。
  • 一般的な外墓と比較して、墓石が不要な分お墓の費用が抑えられる。
  • 墓石がない、永代契約ではないなどから、改葬が楽である。
  • ほとんどの場合、檀家になる必要が無く、寺院の経営であっても宗旨・宗派が不問の施設が多い。
  • 掃除や草むしりなど、お墓の管理が必要ない。
  • 一定期間経過後や後継者がいなくなっても、永代供養墓などに合祀され、寺院等管理者によって永代に供養されるので、無縁墓になる心配が無い。

以上は従来の霊園と比較してのメリットです。
土地の問題や費用が安く抑えられること、後継者問題などから、都市部では特に納骨堂の人気が高くなっています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP