東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 【保存版】納骨堂の利用ガイド » お墓から遺骨を移動する費用・手続き

お墓から遺骨を移動する費用・手続き

東京の納骨堂へ改葬する場合の手続きの仕方と、各所で必要な費用目安を調査。これまでの墓地、新しい墓地ごとに必要な書類や費用を掲載しています。

お墓の移動に必要な費用は?

お墓を移転することを「改葬」と言います。

例えば、現在の居住地に近いところに新しくお墓を求めた場合、地方にあるお墓を改葬すしなければなりません。これまで使用していた墓所は更地にして寺院等管理元へ返還し、新たな墓所へ移ることになります。

現在あるお墓の撤去・移転先の墓地の使用料・墓地の工事移動に掛かる費用は、全て合わせると200~300万円程度と言われており、それなりの負担を覚悟しなければならないでしょう。

納骨堂に改葬する場合、墓石代がかからないので、一般的なお墓よりは費用が少なく済むと思われます。下記に、改葬に掛かる費用の内訳をまとめましたので、ご参照ください。

【これまでの墓地に掛かる費用】

埋葬証明書発行手数料

  • 費用目安:400円~1,500円/1通
  • 遺骨1体につき、1通必要。

墓石処分・区画整理費用

  • 費用目安:10万円~12万円/1㎡
  • 墓石の処分や区画整理は、地域の墓石業者に依頼されることが多く、業者指定されていることもあります。

遺骨の取り出し費用

  • 費用目安:4万円前後/1体
  • 遺骨1体につき、1通必要。

閉眼供養料(お布施)

  • 費用目安:5,000円~1万円
  • 一般的には閉眼供養を行います。必要が無ければ費用は掛かりません。

離壇料金(お布施)

  • 費用目安:お気持ちによる
  • 檀家を離れる際に発生。相場は無いため、檀家総代などに相談してみると良いでしょう。

【新しい墓地に掛かる費用】

納骨費用

  • 費用目安:3万円前後/1体
  • 遺骨1体につき、1通必要。

開眼供養料(お布施)

  • 費用目安:3万円~5万円
  • 多くの場合、「納骨供養」と同時に行います。

戒名料

  • 既に戒名がある場合でも、宗派が異なると、付け直しが必要になることもあります。

【その他の費用】

  • 新たに檀家になった場合の入壇料や年会費、寄付等。
  • 改葬許可証発行手数料(役所)
  • 改葬手続きの手数料(役所)
  • 埋蔵(埋葬)証明発行手数料
    • 費用目安:400円~1500円/1通
  • 親戚を招いて会食した場合の会場費・料理代・引き出物代等

その他、詳細な金額や不明な点に関しては、墓石業者や各納骨堂に、問い合わせると詳しく教えてもらえます。

お墓の移動に必要な手続きとは?

改葬に必要な手続きについてまとめてみました。

自治体や地域で手続きが異なる場合もあるので、特に遠方の方は手続き方法をしっかり確認し二度手間を防ぎましょう。移転の手続き前に「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)に目を通すと役立つのでおすすめです。

【改葬の手続き】

  1. 改葬先の墓地・霊園を決め「受け証明書」を発行してもらう。
  2. 現在の墓地管理者に改葬を相談。承諾後「埋蔵(埋葬)証明書」を発行してもらう。
  3. 現在の墓地にある役場で「改葬許可申請書」を発行してもらう。
  4. 現在の墓地にある役場で「埋蔵(埋葬)証明書」と、署名捺印済の「改葬許可申請書」を提出。受理後「改葬許可証」が発行されます。
  5. 現在の墓地管理者に「改葬許可書」を確認してもらい、遺骨を取り出す。その際「閉眼供養」「抜魂供養」「遷座法要」「遷仏法要」等を行う。(宗派・寺院によって法要の仕方が異なる)
  6. お墓を更地にする。
  7. 「改葬許可証」を改葬先に提出し遺骨を埋葬。「納骨法要」「開眼供養」「建碑法要」等を行う。(宗派・寺院によって法要の仕方が異なる)

※申請書・許可証は遺骨1体につき1枚必要。
※改葬先の「永代使用許可書」または「受入証明書」の提出が必要なこともあります。

上記は事務手続き上のことであり、この手続きが済めば改葬はできるのですが、現在の墓地の住職が改葬を許してくれないなど、トラブルが起きるケースも。

改葬の自由は認められていますが、長年法要や供養を執り行ってきた寺院側に対しても敬意を表さなければなりません。

法外な離檀料の請求は不当ですが、10~30万円ほどの金額はお世話になったことへの感謝の意として妥当な額でしょう。

改葬をトラブル無く済ませられるよう、これまでお世話になった寺院には誠意を持った対応を。
今後利用する納骨堂は、安心して供養を任せられるところを選ぶように心がけると良いと思います。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP