東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド » 【保存版】納骨堂とは?正しい利用ガイド » お墓から遺骨を移動する費用・手続き

お墓から遺骨を移動する費用・手続き

近年、後継者がいない、遠方で管理が難しいなどの理由から無縁墓地になってしまうお墓が増加。墓じまいを検討する方も多いようです。ここでは、そんな墓じまいについてご紹介します。改葬との違いや行なう際の注意点、必要な手続き・費用などもまとめてみました。

墓じまいと改葬の違いとは?

ここでは、お墓における「墓じまい」と「改葬」の違いについてご紹介します。

墓じまいとは、お墓を解体・撤去する行為のことを指します。近年では後継者がいない、遠方にいて管理が難しいなどの理由から、誰にもお手入れされず無縁墓地になってしまうお墓が増加。そんな無縁墓地または管理が難しいとされるお墓を更地に戻して、新しい墓地や墓石の再利用を行なっていきます。

一方「改葬」は、墓じまいとほとんど同じ意味をなしますが、現在あるお墓を別の場所へ移動、または遺骨を別の場所に移すことを指します。
違いとしては、墓じまいは改葬するうえで行なう工程の一つでお墓を閉める行為のみ。そして改葬は、墓じまいをして別の場所にお引っ越しすることだと覚えておくとよいでしょう。

トラブルを事前に防ぐ墓じまいの際の注意点とは?

安心して墓じまいするために、事前に知っておきたい注意点をご紹介します。墓じまいを検討している方は、必ずチェックしておきましょう。

身内・親族間で話し合ってトラブルを防ぐ

墓じまいを行なう前に、きちんと身内や親族間で話し合い理解を得るようにしましょう。なかには、墓じまい=先祖を軽視していると、快く思わない方もいるかもしれません。後々トラブルが生じないよう、しっかり話し合いの場を持って納得したうえで墓じまいを行ないましょう。

お墓を管理している寺院や霊園に事前連絡をいれる

寺院墓地ならお寺、霊園墓地なら管理事務所など、墓地を管理している場所へ墓じまいを行なう旨を伝えて了承を得る必要があります。特に寺院墓地の場合では檀家を止めることになるため、スムーズに遺骨を移せるよう事前に連絡しましょう。

遺骨を移す場所を決めておく

墓じまいをする場合、事前にどこに遺骨を移すのか決めておく必要があります。永代供養をしてくれる納骨堂をはじめ霊園や墓地、樹木葬墓地などのなかから適した場所を探しておきましょう。

墓じまいにかかる費用を確認しておく

墓じまいを行なう場合、僧侶に支払う閉眼供養のお布施や石材店への解体撤去費用などが発生します。寺院墓地の場合は檀家を離れる際の離檀料も用意する必要がありますので、把握しておきましょう。

手続きに必要な書類を確認しておく

お墓を撤去するには、改葬届や改葬許可申請書などの公的な書類を発行・提出する必要があります。事前に手続きに必要な書類を寺院や霊園の管理者に確認しておきましょう。

墓じまいを行なう手順

以下では、墓じまいの流れをご紹介します。事前に流れを把握しておくことで、滞らず墓じまいすることができますよ。

改葬許可申請書を準備する

お墓を解体・撤去するには公的な手続きが必要です。移動する前に現在のお墓がある自治体へ「改葬届」を提出。そして遺骨の移動を許可しますよという「改葬許可申請書」を発行してもらってください。ただし、発行してもらうには現在のお墓から遺骨を埋葬している証明になる「埋葬証明書」、新しく遺骨を移す場所の「受入証明書」の2つを用意する必要があります。事前に必要な書類は揃えておきましょう。

閉眼供養と撤去作業を依頼する

改葬届が受理されたら、お墓を処分するために寺の住職に依頼し先祖の魂が宿るとされる場所から「魂抜き」と呼ばれる閉眼供養を行なってもらいます。閉眼供養を行なってもらう場合は、住職に1~5万円程度のお布施が必要になりますので覚えておきましょう。

供養後のお墓の撤去作業は石材店に依頼できるので、事前に住職と石材店に依頼し、都合の合う日程を決めておくとよいですね。

離檀料の支払いや墓地の返還届けを提出する

檀家となっていたお墓の墓じまいの際は、これまでの供養の御礼を込めて「離檀料」を支払います。離檀料の相場はだいたい10~20万円。法事1回あたりのお布施と同様の額を渡します。

また、公営墓地の場合は墓地使用許可証の返還と合わせて「返還届」の提出を求められることも。管理者に事前に確認したうえで準備しておきましょう。

お墓の移動に必要な費用は?

お墓を移転することを「改葬」と言います。

例えば、現在の居住地に近いところに新しくお墓を求めた場合、地方にあるお墓を改葬すしなければなりません。これまで使用していた墓所は更地にして寺院等管理元へ返還し、新たな墓所へ移ることになります。

現在あるお墓の撤去・移転先の墓地の使用料・墓地の工事移動に掛かる費用は、全て合わせると200~300万円程度と言われており、それなりの負担を覚悟しなければならないでしょう。

納骨堂に改葬する場合、墓石代がかからないので、一般的なお墓よりは費用が少なく済むと思われます。下記に、改葬に掛かる費用の内訳をまとめましたので、ご参照ください。

【これまでの墓地に掛かる費用】

埋葬証明書発行手数料

  • 費用目安:400円~1,500円/1通
  • 遺骨1体につき、1通必要。

墓石処分・区画整理費用

  • 費用目安:10万円~12万円/1㎡
  • 墓石の処分や区画整理は、地域の墓石業者に依頼されることが多く、業者指定されていることもあります。

遺骨の取り出し費用

  • 費用目安:4万円前後/1体
  • 遺骨1体につき、1通必要。

閉眼供養料(お布施)

  • 費用目安:5,000円~1万円
  • 一般的には閉眼供養を行います。必要が無ければ費用は掛かりません。

離壇料金(お布施)

  • 費用目安:お気持ちによる
  • 檀家を離れる際に発生。相場は無いため、檀家総代などに相談してみると良いでしょう。

【新しい墓地に掛かる費用】

納骨費用

  • 費用目安:3万円前後/1体
  • 遺骨1体につき、1通必要。

開眼供養料(お布施)

  • 費用目安:3万円~5万円
  • 多くの場合、「納骨供養」と同時に行います。

戒名料

  • 既に戒名がある場合でも、宗派が異なると、付け直しが必要になることもあります。

【その他の費用】

  • 新たに檀家になった場合の入壇料や年会費、寄付等。
  • 改葬許可証発行手数料(役所)
  • 改葬手続きの手数料(役所)
  • 埋蔵(埋葬)証明発行手数料
  • 費用目安:400円~1500円/1通
  • 親戚を招いて会食した場合の会場費・料理代・引き出物代等

その他、詳細な金額や不明な点に関しては、墓石業者や各納骨堂に、問い合わせると詳しく教えてもらえます。

お墓の移動に必要な手続きとは?

改葬に必要な手続きについてまとめてみました。

自治体や地域で手続きが異なる場合もあるので、特に遠方の方は手続き方法をしっかり確認し二度手間を防ぎましょう。移転の手続き前に「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)に目を通すと役立つのでおすすめです。

【改葬の手続き】

  1. 改葬先の墓地・霊園を決め「受け証明書」を発行してもらう。
  2. 現在の墓地管理者に改葬を相談。承諾後「埋蔵(埋葬)証明書」を発行してもらう。
  3. 現在の墓地にある役場で「改葬許可申請書」を発行してもらう。
  4. 現在の墓地にある役場で「埋蔵(埋葬)証明書」と、署名捺印済の「改葬許可申請書」を提出。受理後「改葬許可証」が発行されます。
  5. 現在の墓地管理者に「改葬許可書」を確認してもらい、遺骨を取り出す。その際「閉眼供養」「抜魂供養」「遷座法要」「遷仏法要」等を行う。(宗派・寺院によって法要の仕方が異なる)
  6. お墓を更地にする。
  7. 「改葬許可証」を改葬先に提出し遺骨を埋葬。「納骨法要」「開眼供養」「建碑法要」等を行う。(宗派・寺院によって法要の仕方が異なる)

※申請書・許可証は遺骨1体につき1枚必要。
※改葬先の「永代使用許可書」または「受入証明書」の提出が必要なこともあります。

上記は事務手続き上のことであり、この手続きが済めば改葬はできるのですが、現在の墓地の住職が改葬を許してくれないなど、トラブルが起きるケースも。

改葬の自由は認められていますが、長年法要や供養を執り行ってきた寺院側に対しても敬意を表さなければなりません。

法外な離檀料の請求は不当ですが、10~30万円ほどの金額はお世話になったことへの感謝の意として妥当な額でしょう。

改葬をトラブル無く済ませられるよう、これまでお世話になった寺院には誠意を持った対応を。
今後利用する納骨堂は、安心して供養を任せられるところを選ぶように心がけると良いと思います。

墓じまい後の供養方法とは?

墓じまい後、遺骨の供養にはさまざまな方法があります。ここでは、そのなかでも4種類の方法を紹介します。

墓じまい+永代供養

永代供養とは、寺院や霊園が永代にわたって遺骨を供養してくれる方法。納骨堂や合祀墓などさまざまな形態がありますが、なかには期限付きで供養を行なうところもあるので、検討する際は期限付きの有無を確認してください。また永代供養の場合、改葬許可申請が必要になることも覚えておきましょう。

墓じまい+手元供養

手元供養は、遺骨を自宅などの身近な場所に保管して、いつでも故人を偲び供養することができる供養方法です。自宅で保管する場合は改葬に該当しないため、改葬許可申請は必要ありません。ただし、自治体によっては対応が異なる場合があるので事前に確認しておきましょう。

墓じまい+散骨

散骨は、火葬後の遺骨を粉末状にして、山や海、空などに撒く葬送法です。海外では広く知られている葬送法ですが、近年では日本でも従来の概念にとらわれない葬送法として注目を集めています。現状、法的に明確な規定はありませんが、方法によってトラブルを引き起こす可能性があるため、注意しましょう。改装には当たらないため改葬許可申請は不要ですが、自治体で対応が違う場合もあるため事前確認が必要です。

墓じまい+樹木葬

樹木葬は、火葬した後の遺骨を骨壷から出して地中に埋葬、墓石や墓標の代わりに花や木を植える葬送法です。一見形態は散骨と似ていますが、樹木葬の場合墓地に分類されます。遺骨はそのまま土中に埋められることが多く、費用は30~80万円程度。なお、樹木葬は改葬許可申請を行なう必要があります。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2018年6月現在の情報を基に個人が制作しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP