東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

HOME » 【保存版】納骨堂の利用ガイド » 都内の費用目安

都内の費用目安

東京にある納骨堂の費用目安を、1人用・家族用などケース別に調べました。価格の内訳なども詳しく掲載しています。

東京の納骨堂の費用目安について

納骨堂の費用は、かなり割安で済む場合が多く大変注目されています。
墓石や土地を購入する必要が無い分、価格が抑えられるからです。

納骨堂には様々なタイプがあり、運営元にもそれぞれ特徴があるため費用の設定も大変幅広くなります。

永代供養付きの寺院の東京都内納骨堂における費用相場は、おおまかにいうと、一人用で50万円、家族用で100万円が平均的な目安といったところでしょう。

一族代々で使用しようと考えると、基本的には100万円以上はかかることになると思います。なかにはもっと価格を抑えたものもありますし、400万円以上かかることもあります。

家族構成や今後の家族の形等を良く考えた上で選ぶことが大切です。

全プランを調査した納骨堂BEST5

費用の内訳

費用の内訳は次のものが一般的で、契約時の加入金の中に全て含まれていることがほとんどです。

  • 永代使用料
  • 永代管理料
  • 永代供養料
  • 開眼法要料
  • 納骨費用
  • 遺骨の引取料等

ただし、永代使用料に関しては遺骨のまま安置しておける期間を17回忌・33回忌などと定めている場合が多いようです。

契約期間が終了すると、寺院境内の永代供養墓などに他の遺骨と共に合祀され、以降はそこで永代に供養が行われます。もし合祀せずにそのまま遺骨を残して起きたい場合は、それが可能な施設を選ぶ必要があり、別途使用料が必要となります。

また、契約時に支払う費用の他に年間管理料が発生する施設がほとんど。年間5,000~10,000円程度がかかります。最初の契約時点で管理料が含まれている場合には、その後の徴収をしないこともあります。

その他にオプションとして戎名や位牌の授与、ご本尊の有無などのサービスを利用すると、その内容によっては、追加の費用が発生することも。必要なサービスをきちんと把握して契約をすることが重要となります。

できることなら費用が安く済めばありがたいのが人の常ですが、納骨堂は後生の安らぎの場です。

費用だけを見るのではなく、家族が全員が納得のいくお墓選びをすることをおすすめいたします。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP