東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド » 【保存版】納骨堂とは?正しい利用ガイド

【保存版】納骨堂とは?正しい利用ガイド

納骨堂とは?
基礎知識と利用ガイド

まず納骨堂とは何かを説明し、納骨堂を探している人のために、知っておきたいことをまとめました。費用目安や選び方、種類、納骨までの流れなどを分かりやすく紹介しています。

納骨堂とは?

納骨堂とは、室内に個人や家族で遺骨を安置しておくお墓をいいます。ロッカー式の納骨堂や「室内墓所」といって建物内に墓石を置くタイプ、上段に仏壇とか位牌、下段に遺骨を置くスペースのある納骨壇など、いろんな形式があります。

お墓との違い

納骨堂は遺骨を収蔵する屋内型の施設になります。お墓と違って、納骨堂では遺骨を土に埋めません。一つの場所にたくさんの遺骨を納める合葬型の場所が納骨堂と思っている人が多いのですが、現在の納骨堂は親族だけの遺骨を収蔵する個別型が主流となっています。

納骨堂には、墓を建てるまでの仮置き場のようなイメージがありますが、近年の購入者のほとんどが永代使用できる契約を結んでいます。

法律上は納骨堂とお墓も一緒

法律上、納骨堂とお墓は同じ扱いになります。納骨堂には公営と民営とがあり、最近では法事を行える施設や斎場を備えているもの登場しています。

納骨堂の昨今

最近、都内を走る電車の広告で、納骨堂を目にする機会が多くなっていませんか。遺骨は土中に埋めるものとの考えが根強く、屋内でしかも他の遺骨と納めることに違和感を持つ人が多いのも事実です。

墓石を建てるタイプの納骨堂もありますが、墓を建てるより安いことから納骨堂の人気が高まっています。

都市部でニーズが高まっている

納骨堂はスペースがいりません。しかも屋内で管理しやすいのもメリット。そのため、納骨堂は都市部で注目されています。都市部以外でも、豪雪地域や高齢者の世帯、墓地に行くよりお参りしやすい理由で納骨堂を選ぶ人が増えているのです。

無縁になれば整理

無縁になれば整理される点は、通常の墓と同じです。お墓を承継する人がいない、予算内で買えるはずのお墓が家から遠すぎるといった理由で、利用者が増えています。

最近の納骨堂は『宗旨・宗派を問わず』としているものが多く、菩提寺を持っていない人や、神道やキリスト教といった仏教以外の宗教を信仰している人の間で注目が集まっています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

[免責事項]
このサイトは2017年11月現在の情報を基に個人が制作しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP