東京都内で永代供養してもらえる納骨堂・室内墓カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂の用語集 » 無縁仏(むえんぼとけ)

東京で人気納骨堂

縁の園
ひかりの園
収蔵可能人数 最大8体
販売価格 80万円~(護持会費別)
アクセス 「茗荷谷駅」より徒歩1分
詳細はこちら

無縁仏(むえんぼとけ)

無縁仏(むえんぼとけ)

無縁仏とは、弔う縁者がいないため、さまよっている霊魂のこと。遊魂と呼ぶ場合もあります。きちんと供養されなかったため、常に空腹で、安らかな死が迎えられず、怨念を持って迷い続け、たたりを起こすなどとも考えられ、仏との因縁を結んだことがない霊とされています。このような仏教の考え方から転じて、供養する親族、縁者のいなくなった仏像、石仏などのことを表すほか、引き取り手のない死者やその魂のことを指す言葉としても使われます。最近では、少子化や生涯未婚率の増加などの影響により、家系が途絶える可能性が高くなっているため、お墓を継ぐ人が減少。この傾向は今後も続くため、無縁仏は増加すると考えられています。

無縁仏になってしまったお墓は、寺院墓地の場合は寺院と檀家が相談して、撤去するか、場所を移して管理するかを決定。費用は檀家側が負担することになります。平成11年に改正された「墓地、埋葬等に関する法律」によると、墓地の使用者が管理料を未払いのまま3年放置した場合は、官報で掲載すると同時に、無縁墓地の見やすい場所に立札を1年間、掲示。それでも申し出がなかった場合は、無縁墓地を整理することができるようになっています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP