東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂の用語集 » 還骨法要(かんこつほうよう)

東京で人気納骨堂

ひかりの園
ひかりの園
                           
収蔵可能人数 1冊1霊
販売価格38万円~(護持会費込み)
アクセス 「不動前駅」より徒歩5分
詳細はこちら

還骨法要(かんこつほうよう)

還骨法要とは

還骨法要とは、火葬によって骨になって帰ってきた故人を供養する儀礼のこと。宗派によってはこのことを、還骨勤行(かんこつごんぎょう)、安位諷経(あんいふぎん)と呼ぶこともあります。後飾り壇に位牌や遺骨、遺影などを安置し、住職や僧侶による読経が行われ、焼香などを実施。全部で30分ほどの法要となります葬儀の最後に行われるため、葬儀を締めくくる儀式としても知られています。

故人が現世での勤めを終え、骨に還ったことを意味することから「還骨」と呼ばれ、場所は斎場で行われたり、自宅に戻って行われるなど様々。ですが、最近では、親族が1週間後に再度、集まるのが難しいケースが増えているため、告別式当日に合わせて初七日を行うことが多くなっています。その場合だと、還骨法要の後に初七日が行われるため、自宅には戻らずにそのまま斎場で還骨法要を行うケースが増えています。

還骨法要を斎場で行う場合でも、故人の遺骨を持ち帰った後に安置する後飾り祭壇が必要となるため、自宅に準備するのを忘れないようにしておきましょう。これは、忌明けとなる四十九日までは遺骨や位牌を仏壇に納めてはならないという決まりが仏教にあるため、その期間中、遺骨を安置する場所が必要となるからです。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP