東京都内で永代供養してもらえる納骨堂・室内墓カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂の用語集 » 法要(ほうよう)

東京で人気納骨堂

縁の園
ひかりの園
収蔵可能人数 最大8体
販売価格 80万円~(護持会費別)
アクセス 「茗荷谷駅」より徒歩1分
詳細はこちら

法要(ほうよう)

法要とは

法要とは、亡くなった人の霊を慰めるために行われるもので、追善供養とも呼ばれます。仏教では、人は亡くなってから7週間の間、現世と冥土との間を行ったり来たりしているとされ、この間、遺された人たちは故人の霊が極楽浄土へ行けるようにと定期的に祈る儀式を行い、このことを法要と呼びます。仏教に限らず、他の宗教でも故人を偲ぶ考え方があり、地域により呼び名や時期、儀式の内容は違うものの、様々な行事が行われています。

法要には種類があり、亡くなってから100日目までに行うものを忌日法要、死後1年目以降に行うものを年忌法要といいます。法要とよく似た言葉で法事というものがあり、違いが分からない人も多いようですが、追善供養として行われる儀式のうち、お経をあげてもらう追善供養のが法要。追善供養に合わせて、会食をするものを法事といいます。

法要としてよく耳にするのが初七日と四十九日。初七日は、亡くなってから7日目に行われるもので、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席し、読経の後、焼香やお斎を全員で行います。しかし、最近では短い期間のうちに何度も親族が集まることが難しいケースも多く、葬儀を行った後にあわせて行うことが増えているようです。

四十九日も初七日と同様、遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席。読経の後、焼香やお斎を全員で行います。一般的にこの日が忌明けとなり、本位牌を仏壇へ移し、白木の位牌を菩提寺へと納めます。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP