東京都内で永代供養してもらえる納骨堂・室内墓カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂の用語集 » 火葬(かそう)

東京で人気納骨堂

縁の園
ひかりの園
収蔵可能人数 最大8体
販売価格 80万円~(護持会費別)
アクセス 「茗荷谷駅」より徒歩1分
詳細はこちら

火葬(かそう)

火葬とは

火葬とは、葬送をする1つの手段として遺体を焼却すること。欧米では、土に埋める土葬が主流となっていますが、現在の日本では、99%以上の割合で、この火葬が行われています。

明治時代の初めころまでは、日本でも土葬が一般的でした。その理由は、遺体を傷つけるのは罪だという考え方が強かったことや火葬にはかなりの燃料と時間が必要だったためです。ところが、仏教の開祖として知られる釈迦が亡くなった時に火葬されたことが影響し、仏教の広がるとともに火葬の割合が徐々に増えていきました。火葬そのものの始まりは、遺体を古墳に埋めていた時代とされています。

日本の火葬は、火葬場にある炉で行われ、1時間半から2時間ほどで骨となったら、骨あげと呼ばれる収骨の儀式が行われます。順番としては、足から頭へ向かうように骨壺へ入れていき、最後の故人との縁が深かった遺族によって喉の骨が納められます。

欧米でも火葬が行われることはありますが、火葬の火力が強すぎるため、骨などがきれいに残っていることはほとんどないようです。日本の高い技術力によって、組織を焼きつつも骨がきちんと残るようになっています。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP