東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂の用語集 » 盆(ぼん)

東京で人気納骨堂

ひかり陵苑
山の手に立つ環境の良さ
ひかり陵苑
収蔵可能人数 8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 1万5千円~
アクセス 東急目黒線「不動前駅」より徒歩5分
詳細はこちら

盆(ぼん)

盆とは

先祖や亡くなった人たちが浄土から地上に戻り、その先祖の精霊をお迎えして供養する期間のことをお盆と言います。東京では、7月15日にお盆の行事を行うことが多いのですが、そのほかの地域では、1か月後の8月15日に行うことがほとんどです。また、南西諸島のように旧暦でお盆を行う地域もあります。

お盆の時期が異なるのは、旧暦から新暦に暦が切り替わった時の事情や、農作業や漁業といったその土地に昔から根差しているスケジュールを優先しているなど、理由は様々です。

伝統的な農耕儀礼や、祖先のお祀りの習慣などが融合し、お盆は現在の形態へと発展。神道の要素もあり、先祖供養の儀式もありと、様々な側面を垣間見ることができます。そのため、地方色が強くなっているのです。

お盆になると連休を取ったり、田舎にお墓がある人は実家に戻ったりして墓参りを行い、先祖に手を合わせ、地方ごとに慣れ親しんだ方法で準備を行います。七夕や盆踊り、夏祭り、お中元といったお盆に近い時期に行われる行事は全て、お盆の習慣から派生した行事だとされています。仏教以前の祖霊祭祀から発生している、古い習慣とされ、正月同様、日本人にはなくてはならない習慣と言って過言ではありません。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP