東京都内で永代供養してもらえる納骨堂カタログ

東京の納骨堂がスッキリ分かる!永代供養の利用ガイドも。

東京の納骨堂も永代供養もお任せガイド  » 納骨堂コラム » 合葬とはどんな仕組み?納骨堂やお墓との違いとは

東京で人気納骨堂

ひかりの園
ひかりの園
                           
収蔵可能人数 1冊1霊
販売価格38万円~(護持会費込み)
アクセス 「不動前駅」より徒歩5分
詳細はこちら

合葬とはどんな仕組み?納骨堂やお墓との違いとは

合葬と納骨堂の違い

霊園の中にはお墓や納骨堂以外に、合葬を取り扱うところがあります。合葬は納骨堂やお墓と違った形式の納骨方法で、メリットやデメリットも一般的なお墓や納骨堂と違うものです。具体的にはどのように違うのか、合葬について紹介します。

東京都内にある人気の納骨堂特集はこちら>>

合葬と納骨堂、お墓の違い

合葬とは永代供養の方法のひとつであり、ほかの利用者と一緒に埋葬される形式を言います。納骨堂も最終的には合葬となるため、合葬墓における特殊な供養形態として考えることができるでしょう。

ほかの利用者と同じように埋葬される合葬

合葬は故人の遺骨を個別に安置せず、他の遺骨と一緒に安置する形式の納骨方法です。お墓や納骨堂では、遺骨はそれぞれの場所に置かれ、家族や親族は個別の遺骨にお参りできます。しかし、合葬では複数の遺骨と一緒になっているため、個々の遺骨を区別することができません。

納骨堂を利用した場合も最終的に合葬される

納骨堂を選んだ場合にも、あらかじめ決められている永代供養の期間が過ぎれば、合葬されます。納骨堂では専用のスペースに安置されますが、その期間は一般的に三十三回忌、もしくは五十回忌の弔い上げまでとなっています。

個人の墓であれば基本的に合葬されない

個人のお墓の場合には、基本的にはずっと合葬されることはありません。ただし、継承者のいない場合や無縁仏になってしまい管理ができない場合は、寺院などが墓石を撤去し、合葬することもあります。墓地は永代使用料を支払って利用していますが、土地を購入するわけではないので、管理費が支払われない期間が続くとお墓は撤去されます。

合葬のメリット・デメリット

合葬はほかの納骨方法とは違ったメリットやデメリットを持っています。お墓や納骨堂以外の方法を考えている方は、メリットやデメリットを確認したうえで検討してみましょう。

合葬のメリット

費用が安い

合葬は大きな一つのお墓にたくさんの遺骨を納める方法です。そのため、個別に遺骨を安置するよりも費用は安くなります。納骨堂もお墓より費用は安いですが、合葬の場合にはもっと抑えることも可能です。お寺の格式や霊園の設備などによって差はありますが、数万円から利用できるところもあります。

供養する人の心配がいらない

合葬は個々の専用スペースもなく、その分管理も楽になります。管理費がかからない、かかったとしても年間管理料1万円程度で済むことが多く、継承者がいなくても利用可能です。

宗派に関係なく利用できる

合葬は、無宗派、宗派に関係なく利用することができます。宗教を持たない人がどこに安置するか迷った場合も安心です。

散骨と違いお墓参りができる

合葬は、個々の遺骨は区別できないものの、散骨のようにお骨がなくなってしまうわけではないため、故人の遺骨を前に手を合わせることが可能です。自分ができる間はお墓参りをしたい人にも良いでしょう。

合葬のデメリット

一度収骨したら返却は不可能

合葬は一人一人の遺骨を分けずに納骨するため、一度遺骨を納めたら区別がつかなくなります。後になって遺骨を返してほしいと思ったとしても、戻すことはできません。

別の場所に移すことができない

遺骨を返却してもらうことができないことから、別の場所に移動することもできません。

知らない人と同じお墓に埋葬されてしまう

合葬は、たくさんの知らない人と同じお墓に埋葬される形式です。お墓参りでは、たくさんの人のいるお墓に手を合わせることになるため、違和感が覚える人もいるかもしれません。ただし、反対に故人も多くの人にお参りされているとも考えられるので、そのほうが自分が行く機会が作れないときに助かると考える方もいます。

合葬の歴史は古くからある

合葬の歴史は古く、昔から合葬墓は存在していました。たとえば、本山納骨では、あるお寺の檀家さんが遺骨を菩提寺の本山に分骨、本山では合葬されることが多かったようです。また近年では、1993年には公営の合葬墓が設立されています。最近利用者が増えている合葬ですが、実は古くから行われていた形式なのです。

江戸時代以降は、家族単位で故人の供養をするのが一般的となっていましたが、核家族化や単身の高齢者の増加といった時代背景を受け、考え方が変わってきています。それに伴い、墓じまいやお墓の引越しを考える人も増え、合葬を選ぶ人も多いのです。

まとめ

合葬はお墓とも納骨堂とも違う形式です。最初から合葬することもできますし、納骨堂のように永代供養の期間が過ぎると合葬されるケースもあります。最初から合葬を選ぶことで、後々の供養や管理についての心配から解放されるかもしれません。

合葬にするのか、納骨堂にするのか、またお墓が良いのか、それぞれのメリット・デメリットも踏まえたうえで、周りの人と話し合って決めましょう。

東京編 人気の納骨堂ランキング

宗旨宗派不問・檀家になる必要なし 東京で人気永代供養可能納骨堂3

蔵前陵苑
4駅からアクセスできる好立地
光と木がモチーフの
温かみのある上品な納骨堂
蔵前陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 85万円~
年間護持会費 12,000円/13,000円
アクセス 都営大江戸線「蔵前駅」より徒歩5分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
本駒込陵苑
東京メトロ本駒込駅から徒歩3分
高級木材に使ったシックで上質な和モダン
本駒込陵苑
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 80万円~
年間護持会費 12,000円
アクセス 東京メトロ南北線「本駒込駅」1番出口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる
目黒御廟
JR「目黒駅」から徒歩3分の駅近納骨堂
重厚感のあるシックな内装と
高級感あふれるデザインが特徴
目黒御廟
収蔵可能人数 1~8名
販売価格 86万円~
年間護持会費 15,000円
アクセス JR山手線「目黒駅」東口より徒歩3分
公式サイトはこちら
電話で問い合わせる

[免責事項]
このサイトは2019年4月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
なお、本サイトで掲載されている納骨堂の写真については引用元サイトを記載しておりますが、
元サイトの更新状況により確認できない可能性があります。ご了承ください。
無断転用禁止
(Unauthorized copying prohibited.)

PAGE TOP