人気の納骨堂ランキング

東京編

当サイトで紹介している納骨堂から、特にオススメの所を5つピックアップ。立地・周辺環境や費用、用意されているプランの内容などを比較してベスト5を発表します。
お参りの仕方やアクセス方法、宗派に関することも調べましたので、ぜひチェックしてみてください。

第1位

安養院 ひかり陵苑

プラン&料金

照花の間(1階)
85万円、年間護持会費 15,000円
煌鳥(こうちょう)の間(3階)
98万円、年間護持会費 18,000円

※最大8名まで収骨可能。
※永代供養料・戒名授与(2名分)・墓碑・厨子・銘板(字彫り込み)全て込み。
※安置期間は契約後50年。その後は永代供養墓に合祀。

条件
・宗旨・宗派不問
・檀家にならなくても良い
管理人のコメント

ニーズに合わせて選べる2タイプのプランがおすすめ。都内では珍しく50回忌まで遺骨を安置(通常は33回忌まで)することが可能です。バリアフリーでセキュリティの整った最新式の納骨堂は、モダンで格調高く故人が永遠の眠りにつく場として最適でしょう。

基本情報

立地
周辺環境

東京・山の手エリアにある唯一の納骨堂。
ひかり陵苑のある境内は、墓地も含めると1,000坪の広大な敷地。参道をまっすぐ見据えたところには目黒不動尊があります。目黒川沿いの桜並木等、みどころが満載。ショッピングにも便利なエリアです。

所在地 東京都品川区西五反田4-12-1
アクセス
  • 東急目黒線「不動前駅」から徒歩5分
  • JR五反田駅(始発)から東急バス9分
電話番号 0120-594-154

利用者の口コミ

4カ所くらい納骨堂を見学して比較した結果、ひかり陵苑さんが適正と感じました。近隣が閑静な住宅街で、お寺や神社などが落ち着いた雰囲気で佇んでいます。交通の便と設備の充実度の高さが、特に気に入りました。

戒名が2名含まれて、家族の永代供養の費用も入っていると考えれば、料金は非常に安いと思います。立地が良く、公共の交通手段に不便することはないはずです。建物がとても綺麗なので、満足しています。

安養院の方が参拝墓の生花を毎日活けていると聞いて、大変驚きました。しかもお寺の皆さんが、こちらがお参りするお墓のお花を毎日変えていらっしゃるとのことで、これを聞いただけでも大きな安心感が得られました。

第2位

東福院 遍照殿

プラン&料金

大日
1人用:95万円/2人用:200万円

※以下のプランは2016年11月12日現在、完売状態となっております。

大日
2人用・扉付:200万円
蓮水
1人用:50万円/共用:30万円
蓮華
1人用:50万円
鳳凰
永代使用タイプ:50~150万円、年会費 3,000円
大寿
永代使用タイプ:390万円、年会費 12,000円
条件
・宗旨・宗派不問
・檀家にならなくても良い
管理人のコメント

キリスト教や神道等の他宗教を含め、外国人や無宗教の人にも一切宗旨を問わず、どなたにでも広く門戸が開かれている納骨堂。特別法要の回数も多く、故人も家族も満足の供養が執り行ってもらえるでしょう。納骨堂のプランは全8種類ありニーズによって選択が可能です。

基本情報

立地
周辺環境

四ッ谷駅から徒歩8分のアクセス便利な都会の中心のお寺。
東に皇居、西に新宿副都心、南に神宮外苑、北に早稲田の杜を臨み、都心の華やかさと高級住宅地の閑静さを合わせ持った散策に楽しいエリアです。

所在地 東京都新宿区若葉2-2
アクセス
  • JR、丸の内線「四ツ谷」駅より徒歩8分
  • 丸の内線「四谷三丁目」駅より徒歩7分
電話番号 0120-49-1029

利用者の口コミ

主人は寂しがり屋だったので、納骨堂はすぐに会いにいける東福院に決めました。四谷駅から近く、宗派も問わないので、まさに理想のお寺です。皇居の四季折々の変化を眺めながら、毎週主人に会いにいっています。

四谷駅から少し歩きますが、飲食店やスーパーなどが点在しているので問題なく納骨堂に向かうことができます。仏花は近くのコンビニでも購入でき、施設内には車椅子で参拝できるスペースがあるので、非常に便利です。

東福院の納骨堂や本堂を見学しているうちに、姉が永眠するなら絶対にここが良いと思えたので、こちらに決めました。立地の良さや設備の充実ぶりなど、周りの環境を総合して判断して、素晴らしい施設だと感じます。

第3位

春慶寺 えにしの苑

プラン&料金

1人
58万円、年間護持会費 5,000円
夫婦
58万円+33万円、年間護持会費 5,000円
家族(1御堂での供養は4仏まで)
58万円+33万円、3仏目から納骨時に33万円納入、年間護持会費 5,000円
条件
・宗旨・宗派不問
・檀家にならなくても良い
・毎日の供養や儀式は日蓮宗の儀礼に従って行われる
管理人のコメント

なんといってもスカイツリー間近の絶好のロケーションがおすすめの「春慶寺 えにしの苑」。春慶寺は歴史的な謂われも面白く、お参り以外にも様々な楽しみが望めます。屋内型の全自動式納骨堂は、気軽に訪れることができ1年中心静かにお参りができます。

基本情報

立地
周辺環境

えにしの苑のある本所押上は、2012年に完成したスカイツリーのお膝元。スカイツリーを眺めながらゆったりお参りすることも、参拝客の楽しみのひとつとなっています。

所在地 東京都墨田区業平2-14-9
アクセス
  • 都営浅草線・京成線「押上駅」A2出口より徒歩1分
  • JR「錦糸町駅」北口より徒歩13分
電話番号 03-3621-1338

利用者の口コミ

交通の便が良く、歴史もあることから春慶寺に決めました。スカイツリーの近くにあって、親戚同士も集まりやすい立地。清潔感があり、空調管理もしっかりとした納骨堂なので、両親も安心して永眠していると思います。

高すぎず安すぎない、一般的な料金だと思います。押上駅から徒歩でいける距離ですし、バスも通っているので便利。会食所は少し古い雰囲気もありますが、トイレは清潔。駐車場がもう少しあったらうれしいです。

えにしの苑は屋内型の全自動式の納骨堂で、参拝方法がカード式で簡単にお参りができそうでした。屋内にあるだけに夏の直射日光も冬の寒さも関係なく、管理された中で両親が永眠できていると思うとホッとします。

第4位

龍善寺 早稲田納骨堂

プラン&料金

1人
53万円、年間志納金 9,800円
夫婦
68万円、年間志納金 12,800円

※檀家・信徒の人は「相続ポイント制度」による割引があります。

条件
・宗旨、宗派不問
・檀家、信徒にならなくても納骨堂利用可
・檀家、信徒になった場合、納骨堂購入の際「相続ポイント」として還元がある
管理人のコメント

檀家・信徒の方に目に見える恩返しをしたいという思いから生まれた「相続ポイント制度」。お布施1,000円に付き10%がポイントとして還元され、納骨堂購入時にも利用することができます。檀家・信徒の方を大切に考えているからこその温かな気持ちが詰まったシステムです。また、参拝時にはオプションで室内モニターに故人のお名前や思い出のお写真動画等を映すことができます。

基本情報

立地
周辺環境

龍善寺は早稲田大学をはじめとする学校や公園が多い文教地区にあり、閑静な土地柄が魅力の寺院です。
地下鉄東西線「早稲田」駅から徒歩1分と交通アクセスも大変便利です。

所在地 東京都新宿区早稲田町77
アクセス
  • 東京メトロ(地下鉄)東西線「早稲田駅」より徒歩2分
電話番号 03-3209-4709

利用者の口コミ

近くに駐車場がありますが、早稲田駅からとても近いので電車でのアクセスが便利です。納骨堂内は明るい雰囲気で、お参りは個別ブース方式になります。エレベーター、休憩所、トイレなどの設備も立派です。

先日、妻と私の2人分を購入。都心の一等地ではありますが、値段の安さにビックリしました。私が見た中一番安く、雰囲気も良いので満足です。家から近いので、息子たちも通いやすいと思います。

親切で丁寧な対応としていただけます。他のお寺も見学に行きましたが、売ろうという感じが伝わりました。しかし、こちらは急かすことが全くなかったので、安心することができたのが選んだ決め手です。

第5位

東京御廟

プラン&料金

58万円~、年間維持費 1万円

※詳細はお問合せください。

条件
・宗旨・宗派不問
・供養の際は契約者が東京仏教伝道会へ依頼する形式
管理人のコメント

法事や葬儀などの相談を受けることを目的として各宗寺院参加のもとに設立した「東京仏教伝道会」が運営している「東京御廟」は、特定の宗派には属さない納骨堂です。どんな宗教も、また無宗教の方も広く受け入れているので、宗派問題で悩み必要がありません。近代的な5階建ての納骨堂は格調高く、光明寺が所有する貴重な文化財をギャラリースペースで参拝時にじっくり鑑賞することもできます。

基本情報

立地
周辺環境

東京メトロ千代田線、都電荒川線、京成本線の「町屋」駅より徒歩1分と大変アクセスしやすい「東京御廟」。
交通至便なので、お買い物などお出掛けの折に気軽にお参りできる好環境です。京都に本坊のある「無量寿山 光明寺」が管理し、「東京仏教伝道会」が納骨堂を運営しています。

所在地 東東京都荒川区荒川7-14-8
アクセス
  • 京成本線町屋駅より徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線、都電荒川線町屋駅より徒歩2分
電話番号 03-5810-5050

利用者の口コミ

屋内の墓地なので雨風にさらされることがなく、管理も楽です。都内にあって交通の便が良く、いつでも気楽にお墓参りできるのが良いですね。駅から近く、周辺の環境や設備の管理状況など、特に問題を感じません。

屋内墓地なので、お参りするには最高の環境です。家から遠くにある霊園だと車で行かないといけないので、年をとると厳しくなってきますが、都内で便利な場所にあるから、電車で気楽に何度も通えるのはうれしいです。

霊園も見学に行きましたが、ここは昔のお墓と全く違い、ガーデンの雰囲気で明るく親しみやすい環境でした。私はそこまで気になりませんでしたが、お墓とお墓の距離が近いので、窮屈に感じる人はいるかもしれません。

東京都内の永代供養・納骨堂では
ひかり陵苑がおすすめ

今回の人気納骨堂ランキングで第1位に挙げたのが「安養院 ひかり陵苑」。その理由を紹介したいと思います。

ひかり陵苑の管理・運営を行う安養院は、平安初期に天台宗第三世慈覚大師によって開かれた1,000年以上の歴史ある寺院。俗に寝釈迦寺として信仰を集めた同時院は、現在も本堂に寝釈迦本尊を祀っています。

ひかり陵苑1

引用元:ひかり陵苑公式サイト(https://www.hikariryoen.or.jp/introduce/feature.html)

恵まれた立地・周辺環境

山の手の一等地というアッパークラスな土地に存在する屋内納骨堂は、ひかり陵苑のみ。

ひかり陵苑2

引用元:ひかり陵苑公式サイト(https://www.hikariryoen.or.jp/introduce/feature.html)

安養院の境内に位置し、上品で格式のある石造りの外観が周囲の建物や自然とうまく調和しています。通常の墓地も含めると1,000坪を超える敷地を持っています。

参道をまっすぐ見据えたところには、有名な目黒不動尊があります。ひかり陵苑は、もともと目黒不動尊の枝派で出来た寺の本堂であり、本堂の跡地に現在の建物が作られました。

ひかり陵苑3

引用元:ひかり陵苑公式サイト(https://www.hikariryoen.or.jp/introduce/feature.html)

周辺には川沿いの桜並木が有名な目黒川や桜のトンネル美しい禿坂、珍しい樹木・外国産樹木など緑を心ゆくまで味わえる林試の森公園など、散策の楽しいエリアが広がっています。
ひかり陵苑は「不動前駅」から徒歩5分の好アクセスで、故人へのご報告があるときなどいつでも気軽に立ち寄れます。お年寄り方も移動に負担が掛かりません。
周辺には、ショッピングセンターやインテリアストリートと呼ばれる目黒通りがあり、お買い物も楽しむことができます。

故人をより身近に感じる新しい墓参りの形

受付で会員カードを提示すると、各参拝スペースに遺骨を納めた厨子が自動的に目前まで運ばれます。

お花やお線香などはすべて寺院側で用意。墓掃除の必要も無く、思い立った時、手ぶらで気軽にお参りすることができます。

ひかり陵苑の建物は、最新の基準をクリアした堅牢な鉄筋コンクリート構造で地震の際も安心です。
さらに、世界企業トヨタによる専用の搬送システムとメンテナンスが、遺骨を末永く守ってくれます。
もちろん完全バリアフリーで、お年を召された方でも安心です。

ひかり陵苑の永代供養

ひかり陵苑4 ひかり陵苑5

引用元:ひかり陵苑公式サイト(https://www.hikariryoen.or.jp/introduce/feature.html)

独身の方やお子さまのいない方など、お墓の後継者がいない場合でも安養院が責任をもって遺骨を管理します。

都内では珍しく50回忌まで堂内墓にて供養。(33回忌の所が多いようです。内規によって料金を設定している場合もあります)

50年間納骨堂に安置された後は、堂内の永代供養墓に合祀し永代供養を約束します

ひかり陵苑の永代供養について公式サイトで詳しく見てみる

分かりやすいプランと価格を抑えた納骨堂

ひかり陵苑6

引用元:ひかり陵苑公式サイト(https://www.hikariryoen.or.jp/introduce/feature.html)

ひかり陵苑では、85万円と98万円のプランが用意されています。

どちらのプランも、後継者不在でも安養院による供養を永代にわたり受けられる「永代供養料」のほか、「戒名授与」「墓碑」「厨子」「銘板」のすべてが含まれています。しかも、ひとつの遺骨箱に8名まで収蔵が可能。家族で入る際に、追加料金などを支払う必要はありません。

年間管理費は、申し込む人の希望によってプランが選べるため大変便利です。

東京都内にはたくさんの納骨堂ができています。ですが、立地環境・設備・価格などにおいて間違いなく最高クラスの太鼓判を押せます。

「安養院 ひかり陵苑」は、これから納骨堂を探す人にぜひ候補に入れていただきたい、最もおすすめの永代供養つき納骨堂です。

山の手の納骨堂ひかり陵苑について見てみる

[免責事項]
このサイトは2016年12月の情報を元に個人が作成しています。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP